目指せるスキルアップ

HOME > 目指せるスキルアップ

電気技術者に寄せられる大きな期待

電力需要が増大している現代において、電気技術者のニーズは高まるばかりです。
「電気技術への道しるべ」では、電験3種(第三種電気主任技術者)、電気工事施工管理技士1級・2級、第一種・第二種電気工事士といった有望資格の取得をサポートしています。

電気関連資格の特長

高需要 電力需要が増大している現代において、電気関連有資格者のニーズは今後も高まっていく見込みです。高収入電験3種は難易度の高い資格のため、有資格者は高く評価されます。資格手当や昇進・昇給などの結果に結びつきやすくなります。女性も活躍電験3種などの有資格者の主業務は管理・監督であり、きめ細やかな対応が得意な女性にも最適な職種です。

電気技術への道しるべで目指せる資格

当校では、主に下記の資格取得をサポートしています。それぞれの資格の特徴や取得の難易度などをご紹介いたします。

  • 電験3種(第三種電気主任技術者)
  • 電気工事施工管理技士1級・2級
  • 第一種・第二種電気工事士

電験3種(第三種電気主任技術者)取得難易度:★★★★★
注目度:★★★★★

電験3種は、電気が安全に使用されるよう、工場などに設置する電圧5万ボルト未満の電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)に対して、保安や監督・運営を行うことができる資格です。取得難易度に比例して、常にニーズも高い国家資格です。

■講座の特長
現場体験で学習しながら電気への理解を深め、電験3種合格をサポートいたします。また当校では、設備に実際に触れて学ぶことが合格後から活躍できる技術者への近道であると考え、積極的に実機を使って講座を進めています。現場で活躍してきた技術者が直接指導いたしますので、電気技術の基礎から応用まで身に付けることが可能です。

電気工事施工管理技士1級・2級取得難易度:★★★★ 注目度:★★★★

電気工事施工管理技士は、主に施工上の管理を行える資格です。1級は請負金額が3,000万円以上の電気工事の実施にあたり、その施工計画及び施工図の作成、並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理など施工の管理を行うことができます。それぞれ受験資格として実務経験が必要となります。

■講座の特長
実技では、高圧設備、変電設備(キュービクル)などを設置し、工事現場を再現した実演講習を行っています。電気の技術だけでなく、施工の工程も体験できるカリキュラムになっています。講習では、経験豊富な技術者が工事の流れに沿って分かりやすく解説。様々な技術とともに、経験に基づくノウハウなども伝授いたします。

第一種・第二種電気工事士取得難易度:★★★ 注目度:★★★★

第二種電気工事士は、一般住宅や店舗など、600ボルト以下(低圧)での受電設備の工事に従事できる資格です。第一種電気工事士は、第二種電気工事士の範囲のほか、最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。電気関連資格の中では、比較的取得するのがやさしい資格です。

■講座の特長
第一種の講座では、高圧設備を用いて高圧工事現場を再現。第二種の講座では低圧設備を使用し、低圧工事現場を模して講習を行います。豊富な設備を活かした、当校ならではの講習です。いずれも、経験豊かな技術者が、実際の体験を交えながらご説明いたします。実技も学ぶことができるため、資格を取得した後に即戦力として活躍することが可能です。

充実の設備&環境について詳しくみる

ページトップへ