実技研修で即戦力

HOME > 実技研修で即戦力

実技をベースに理論を学ぶ独自カリキュラム

当校の運営母体は電気管理技術会社です。
だからこそ、カリキュラムには現場で使える実践のノウハウが詰まっています。また、経験豊かな技術者や講師が直接指導を行うため、卒業後即戦力になり得る技術と知識を身に付けることが可能です。
当校の講習における大きなメリットは、学ぶ内容が実践的で、すぐに仕事で活用できること。資格の取得だけでなく、実践的な技術の習得というご要望にもお応えいたします。

Point1. 経験豊富な講師と現役技術者が指導

数々の電気設備を手掛けてきた熟練の技術者そのものが、生きた教材です。実践で活用してきた技術やノウハウを、講習で伝授します。知識や技術はもちろん、仕事についても具体的に知ることができるチャンスですので、分からないことや疑問があれば遠慮なくご質問ください。

講師のプロフィール

氏名 略歴 資格取得等
藤野 哲 1952年埼玉県生まれ。新潟大学卒業。旭硝子(鹿島ケミカル)入社。旭硝子・日揮・清水建設・丸紅他グループによる中国やブルガリア等に対する技術輸出を担当。埼玉県立川越工業高等学校着任。コジマテクノサービス入社。 エネルギー管理士、第三種電気主任技術者、第一種・第二種電気工事士、高圧ガス製造保安責任者(甲種機械)、危険物取扱者(甲種)、水質関係第1種公害防止管理者他。
小島 四郎 埼玉県生まれ。東京理科大学電気工学部卒業。財団法人保安協会勤務後、独立。埼玉県の評議員に認定。現在の有限会社コジマテクノサービスに至る。 第一種電気工事士、第三種電気主任技術者、自家用発電設備専門技術者、特種電気工事資格者。
小高 正威 1930年生まれ。通商産業省工業技術院電気試験所電力部交流計算盤研究所に入所。ホンダモーター販売株式会社サービス部に入社。暁防災株式会社に入社。 第二種電気主任技術者、ガス溶接技能者、消防設備士甲種第4類、消防設備士乙種第7種、自家用発電設備専門技術者、第一種電気工事士、特種電気工事資格者。

Point2. オリジナルテキストで理解力アップ

理論を知ることは、資格を取得するためにもちろん必要ですが、何よりも理解することが重要です。理論を正しく理解していなければ、電気技術者として安全に電気を使える環境を作り上げることはできません。
講座では、電気管理を行っている会社だから把握している「実践で必要な理論」をまとめた、分かりやすいオリジナルテキストを使います。実技に基づいて理論を学べるため、理解力の向上につながります。

Point3. 電気設備について触って学べる

当校は、様々な機械設備を保有しています。取得する資格に合わせて、低圧電源や高圧設備などの実機を使い分けます。設備を実際に触りながら学ぶことで、より理解を深めることが可能です。
熟練の技術者が実演を交えながら教えるため、目の前で技術者の仕事を見ることができるのも、当校の特長の一つ。資格取得に必要な知識だけでなく、実践に活かせる技術力も身に付けられます。

充実の設備&環境について詳しくみる

ページトップへ